日々の中で感じたこと、興味持ったこと、あれこれ


by arumi_white
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

十字架を抱いて 逝く

7/23の事

大叔父  逝く。



弟は婚約もし、家督(孫への期待その他)もそちらに継がれるので
長男から長男(仮)に名称変更されているはず。
勝手に生きているから お気になさらずに、と両親にも言っており、
何かあった時は連絡がくるシステムな親子間。


大叔父の葬儀へ参列してくれと、郁姉さんと母と三人で。
福岡の方は おじいの入院で身動きがとれない。

一度もお会いすることのなかった大叔父。
その死の悲しみを堪えている方々の姿を見てちょっと涙ぐみそうになった。
俺がその場で泣いているのも変っぽいけど。



なぜかクリスチャンの多い親族。
「聖書の話なんて 興味ない」という九州な大叔父も最期は
イエスの祝福を求めていたクリスチャンな妻のために

Amen と言ってあげたそうだ。

妻としては悲しみでいっぱいだが、人間としては 喜びに満ち溢れた と
大叔母の言葉には感じ入るものがあった。


友人、知人の死がちらつくと、またはその死が伝えられると
そこには 怖さ、不条理に対する怒り を抱かずにはいられない。

老人達の死には 悲しさ・怖さもある。
危篤になると 落ちるし、持ち直すと ほっとするし。
それだけでなく、感情だけではなく終着までの過程をみつめる理性がある。
死を受け入れる覚悟がある。


安らかな大叔父の死に顔をみて、花を供え、いろいろ考えさせられた。



おじいの時、人前で泣くつもりもないが 多分無理。自信なし。


やるせない気分をもてあましたので、夜勤明けで徹夜のまま葬儀に
参列したにもかかわらず、そのままフットサル・飲み会に参加し
帰宅後 午後にやる予定だった仕事も終わらせる。





この日一番のショックは、葬儀のために愛知から来ていた母親に見せられたシャメ。
・・・弟よ、俺よりも老けたな。弟の苦労が忍ばれる。
[PR]
by arumi_white | 2006-07-23 22:44 | 日々

無計画 京都 祇園の祭

7/15 の日記


観光客で溢れかえること十分に予想できる中
宿すら予約もいれず、下調べも完全にゼロ

無計画 京都祇園祭訪問。


前々日くらいからの京都にいくのどう?という話にも
「母方のじじ上危篤、覚悟しておかれたし。」の報が伝わり、
直前まで福岡に赴く予定だったため関与していなかったのがリスクの火種。


爺様ですが、年も年だしそろそろ危ないよな~ と3年くらい前から
心の準備ってやつは構築していたのでいきなりの報にも動揺はしないが、
時間の経過とともに落ちる気分に、会えるうちに会っておくべしと福岡。

しかし、「持ち直したから 九州上陸は召集あるまで待て。」の命に
介護班の邪魔になるから時を待て、という上層部の判断だとこちらで
判断した。
よって、15日当日の 結局京都どうするの?に、すっきりしない気分を晴らすべく
15:00、これから行くからと 1800京都駅集合を告げる。

出かけようとする俺に「arumiさん、おでかけですか?」と
寮の後輩に声をかけられながら「京都まで飲みに 行って来ます。」と出発。


そして、新幹線の中でいくつかのメールのやりとりで気づいた。
宿をとっていない、食べに行きたい店もない、ところで祇園祭りって何?
ほっほ~ぅ、ほんとのほんとに ノープランか。


京都・・・豆腐とパンの店なら調べずとも情報のストックはあるけれど
豆腐で喜ぶのは俺だけ・・・


京都美人様ども、京都MEN 京都縁の知人に片っ端からHELPメール。


「鴨川沿いの川床でも楽しめ」という素敵な楽しみ方から
「一見さんお断りを体験せよ」の不敵な楽しみ方まで
ありがとうございました。

夏の京都は初めてだったけど
夕方の鴨川沿いは心落ち着く いい感じだった。
なるほど、川床いいかもねと思いつつも人がいっぱいね。
宿は苦もなくとれたけどな。

結局 八坂神社近くにある 和牛専門の  三芳 というところで食事は
時間も忘れて楽しんできた。
初日はまさに 京都まで 飲みにきた  という感じで終わりを告げた。

楽しく、何の問題もなかったとおもいましたよ。
翌日、コースの倍飲んで、板さんと一緒に飲んで、閉店時間まで飲んじゃってて
そして 連れが鴨川に落ちてたことを聴かされ 大笑いするまで。

店でてホテル帰りつくまでの記憶なかったのは結構飲んでたのもあったのね。
久々の日本酒とよい料理と新幹線疲労と それまでの心労と リラックスの
ギャップだな。

開放感全開で全力だった。
[PR]
by arumi_white | 2006-07-15 07:43 | 日々
7/14
輝く太陽は俺のもので
煌く月は そう お前の涙

エレカシ をかしましく口ずさみながら
風に吹かれたら 再びジョニー



会社の先輩と昼食を食べに行くときの事。
この日は 新御茶ノ水の方に来てました。

食べたいものは? という問いには ソーメン。
夏の昼食はさっぱりいきたい。
しかし、先輩が足をとめた店の名は カレー屋ジョニー・・・

小さな店で、入り口から覗ける内装が
なんだかひときわPOPなんですが。
カレー? ここはカレー屋?

呼び込みのお姉さんも テンガロハットでコスプレチックなご様子。

風変わりなカレー屋への好奇心の前にはソーメンの魅力はかすんでしまった。



最初に言おう、味は可もなく不可もなく 並。
しかし この店のカレーは味で食べるものではない。
ROCKで、リズムで、ノリで食べるカレーの店だ。

コンセプトは50’s American Rock
エルヴィスネオンやギターネオンで装飾し
BGMに軽快なROCKが流れ、これはこれで楽しい空間だ。


Jhoney the Paper (うろ覚え)Vol.2という紙が壁に貼られて
あるのを目にしたが

男性スタッフはジョニー愛甲にジョニー加藤
女性スタッフはの呼び名はルーシー達。
ある、るーしーですか・・・
テンション高めでカレーを食べたいときにはよろしいかと。
[PR]
by arumi_white | 2006-07-14 15:20 | 食べ物

帰還せり

山頂で遭難することなく生還できたので

 更新を開始しようかと。
[PR]
by arumi_white | 2006-07-12 08:48 | 日々